光祭の世界観

注:このページの資料は、「光祭物語」シリーズの制作によって変更され、補足されます。最近のアップデート:----年--月--日。アップデートの内容はここを参考にしてください:----。

「光の境」

常世の外に存在する幻想世界。

「そこでは永遠の幸せがもらえる」「無限の寿命を得ることができる」「すべての悩みから抜け出すことができる」「完璧な人生をやり直すことができる」「何でもある」「そこの神様に愛されているなら……」

その存在にはいろいろな伝説があるが、実は最初は誰も本当の姿を知らない。

しかし、その世界の神様は退屈していたかもしれないが、数年前は光の境に入りやすくなったようだ。

人間、妖怪、かみ様、他の色々な存在……

光の境に来る人が多くなるにつれて、もともと静かな世界もにぎやかになった。時にはいろんな状況が出てきますが、神に愛されているように、その世界は崩れません。

「光治神社」

光治神社は光の境の主人の住所であり、その世界の大部分の管理機関の所在地でもある。

神社は巨大な山の上にあって、多くの建物があり、まるで小さな町のようです。

山林に囲まれて、神社の中には人がいるだけでなく、様々な小動物や奇異な存在もあります。

「光治神社文宣部」

注:『光祭物語』に登場する機関名です。現実のサークルではない。

光治神社文宣部は、光の境の文書記録や光治神社の宣伝機関であり、同時に「光祭文宣部」と呼ばれています。

本部は大きな光治神社の中で、職員としての巫女や神官ががたくさんいます。

文宣部の皆さんは光の境の大小の事の記録、編集、保存を担当しています。

また、時々様々な出版物を発行し、神社の宣伝活動をしたり、他の住民の宣伝活動にも協力したりします。

左のボタンは語種を切り替えることができます / 點擊左邊的按鈕可以切換語種

このサイトはWix.comで作成されました。

作者から承認を得た素材を使用しています。

サイト管理者(ホシカゼ)の許可を得ていない場合は、当サイト内のイラスト及び文章等の無断転載、複製、利用、二次加工、再発表、自作声明等はご遠慮下さい。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now